「値上げの春」が食品・外食などさまざまな業界に訪れている。負担増による客離れも懸念される中、順調な滑り出しを見せている企業がある。ヘアカット専門店で業界最大手のキュービーネットホールディングスだ。パーマもカラーリングもシャンプーもない、ヘアカット専門店のパイオニアであり、北海道から沖縄まで全国560店以上を展開している。

2月1日、同社は、カット料金を税込み1080円から1200円へと引き上げた。当初は、 2月から6月の客数(既存店)が値上げをしなかった場合に比べて6%減ると予想された。が、ふたを開けてみると、客数は2月、3月とも同2%減にとどまり、値上げの影響は限定的だった。

「10分カット」を売り文句に快走を続けるQBハウスの強さの秘密とは何なのか。それを探るべく、3月某日、東京・渋谷にあるキュービーネット本社の一室を訪れた。

すると10人ほどの若手社員が鏡とマネキンの前で、一心不乱にはさみを動かしていた。ここは同社独自のスタイリスト研修施設、「LogiThcut (ロジスカット)」東京校だ。

あえて客の選択肢を絞る

未経験者や専門学校の卒業生だけでなく、ブランクのある元・理美容師に、カットや接客の技術を指導、6カ月でスタイリストとして店頭デビューさせることを掲げている。「研修生が自分で答えを導き出せるように、論理的な考え方(Logical Thinking)を教えている」(トレーナーの高松耕二さん)。研修中も正社員として月給(東京では18.8万円)と残業手当などが支払われる。東京校だけでなく、大阪、名古屋、福岡にも、研修拠点は存在する。

一般的な理美容室では、客の髪型について、「耳周りはどうしましょうか?」などとじっくりカウンセリングをする。だが、ロジスカットで学んだQBハウスのスタイリストは、「耳は出しますか?出しませんか?」と尋ねる。選択肢を2つに絞ることで客を迷わせず、要望を的確に把握しながら短時間でカウンセリングを終えられるのだ。

カットの仕方にも、10分カットの秘訣がある。研修を担う江藤貴祥・事業推進室長は、「個人差の大きい頭の形を正確にとらえて切ることで、ムダな手間を徹底的に省く」と説明する。「(1995年末にキュービーネットが設立されて以来)23年間積み重ねてきた考え方だ。なかなか他社は盗めない」(江藤氏)。実際、同社ほどの規模で、研修事業を展開するライバルはいまだ存在しない。