働き方改革で会社の中間管理職が追い詰められている。

「残業だけ制限されて、業績目標は変わらない」「自分のキャリアの未来が見えない」「次の後継者がいない」……。2019年4月に働き方改革関連法案が施行されてから1年近くが経過したが、現場の管理職の苦悩がそこかしこで聞こえてくる。

働き方改革自体は進めるべきだが、現在の法令遵守という目的だけが前に出すぎた状況は、現場をむしばむ副作用をもたらしている。中でも極めて深刻なのが、「中間管理職の過剰負荷」の問題だ。いま、多くの企業で中間管理職が疲弊し、機能不全に陥り始めている。

管理職の業務量が増えた

では、管理職がどのような状況に陥っているのか。パーソル総合研究所は、管理職の中でも、現場に近い課長やプロジェクトマネジャーといった、「ファーストライン・マネジャー」2000人を対象に、置かれた状況を調査した(詳細はこちら)。

すると、働き方改革が進んでいると回答した企業のほうが進んでいない企業に比べて、「昨年より管理職自身の業務量が増えた」と回答している。