「新型コロナウイルス」「Web説明会」「Web(オンライン)面接」「就活ルール廃止」「通年採用」「インターンシップ」「早期選考会」「AI採用」「逆求人」「リファラル採用」「お祈りメール」「内定取り消し」など、2021年春入社に向けた就職・採用戦線では、さまざまなキーワードが飛び交った。

今年もHR総研では、7月に就活会議が運営する就活生向けクチコミサイト「就活会議」と共同で、「2021年卒 採用川柳・短歌」と「2021年卒 就活川柳・短歌」を募集。採用担当者、就活生のそれぞれの目線からの印象深いエピソードを川柳・短歌に込めて詠んでもらった。

今年の作品は、人事担当者・学生ともに、大半が「Web面接」をモチーフにしたものとなった。今回は、まず「就活川柳・短歌」の入選作品を見ながら、2021年入社を目指して悪戦苦闘した就活生の心の叫びを見てみたい。

今年いちばんの話題はWeb面接

まずは最優秀賞からだ。

ウェブ面接 止まる回線 止まらぬ汗 (大阪府 はらDさん)

今年、新型コロナの影響を受けて一気に利用が広がったのがWeb説明会とWeb面接。学生からすれば、Web説明会は基本的には受け身であり、多くの説明会では学生側のカメラはオフにされ、企業側から見られることはない。学生からすれば、ある意味、気楽なものだ。