→安井さんへのキャリア相談は、こちらまでお送りください。

44歳男性です。転職回数が11回と多く、書類選考でほぼすべて不採用になってしまいます。転職の理由は家庭の事情や会社都合がほとんどなのですが、書類だけで判断されるので先に進むことができません。有名私立大学を卒業し、43歳でMBAを取得し、仕事に本気で取り組みたいと考えているのに、日々暮らしていくこともままなりません。

おそらくコネで入れてもらうか、学歴は関係なく、自分のやりたいこととは違う職に就くべきなのかもしれません。しかし、それはなかなか受け入れがたく苦しんでいます。希望の職としては従来関わった広報関係です。

無職 山田

職歴書や志望動機書の大事な構成要素は3つ

書類の段階で前に進めないとのことですが、問題なのは転職回数ではなく、転職の理由と年齢からみた山田さんの経験とスキルでしょう。

書類で判断される。これは採用における第1関門としては極めて普通のことですから、そこを嘆いても仕方がありません。

採用する側からすると非常に多くの、場合によっては1つのポストに数千の応募があるわけですから、全員と面談するわけにもいきませんので、書類によってまずは「あたり」をつけるわけです。

そのうえで面談となるわけですが、応募者として大事なことは印象に残る「強い」職歴書や志望動機書を作成できるか否か、です。

「強い」の構成要素は言うまでもなく、やってきたことやできることといった「実績」、その背景にある本人のキャリア観や将来観などの「思考」、そして書き方・見せ方としての「プレゼン力」です。

このすべてのバランスが大事であり、3つの構成要素を高めることで採用の第1関門をくぐれる可能性も高まるというものです。

ですから、山田さんとしても考えるべきはその構成要素のうち何が足りないのか、またそれぞれの構成要素の内容はしっかりしているか、です。

書類選考という第1関門をくぐれない理由として、転職回数が多い、ということのみを上げておられますが、本当にそうでしょうか?

例えば転職の理由を「家庭の事情」そして「会社都合」と書かれていますが、その部分だけを取り出すと山田さんご本人には責任はないが、周りの事情で転職せざるをえなかった自分、という思考になってしまっているように見受けられます。本当は違うのかもしれませんが、その理由だけを聞いてしまうとちょっと他責な気がしますので、自らの主体性が求められる40代のキャリア観としては疑問がついてしまう可能性が高いです。