学生の企業研究は就職本や就活サイトから始まり、セミナーや説明会への参加によって実体験する。そして、志望を固めていく。そこで今回は、HR総研が「楽天みん就」と共同で実施した「2021年卒就活生を対象に就職活動動向調査」の3月調査と6月調査を合算したデータ(有効回答数1692件)から、学生から見たセミナー・説明会の好感度ランキングを見てみたい。

2020年卒採用までセミナーとは会場に足を運ぶリアルセミナーを意味し、遠方の学生向けの録画セミナーを除き、他の形態はほぼゼロに近かった。2021年卒採用ではオンラインセミナーというスタイルが登場した。今回のランキングに登場する企業の多くは、オンラインセミナーや説明会に対する評価となっていることが推測される。

アクセンチュアと旭化成が突出

この種の人気ランキング調査では常連企業の顔ぶれが決まっており、団子状態になることが多い。いずれも就職人気ランキングの上位企業である。そんな団子レースから抜け出ている企業が2社ある。アクセンチュア旭化成だ。2社の票数は50台。他社は10票台から30票台までだから差は大きい。

1位のアクセンチュア(59票=文系41+理系18)への感想を読むと、「頭がいい」「わかりやすい」という言葉が目立ち、社員に魅力を感じる学生が多かったことがわかる。オンラインセミナーも工夫されているようだ。

「話が端的でわかりやすかった」(早慶大クラス・文系)

「社員さんの回答が正直で頭がよさそう」(上位私立大・理系)

「社員とオンラインで話をする機会を多く設けていた」(上位私立大・文系)

「スマホで質問できるようなシステムになっていた」(上位私立大・理系)

リアルにせよオンラインにせよ、コンテンツは吟味され、豊富なメニューが準備されているようだ。無駄なく丁寧、コンテンツは多く、社員と話せる。その社員はとても頭がよくてカッコいい。とくれば人気があって当然だ。