企業には、多数の平均的な社員と一握りの「高スペック人材」がいます。高スペック人材とは、一流大学を卒業した、難関の公的資格を取得している、一流企業で勤務した経歴がある、といった条件を満たす人材です。

期待通りに「さすが!」という大活躍をしている高スペック人材も、もちろんたくさんいます。しかし、意外と目立つのが、成果を出せず、上司や人事部門から評価されず、出世できずにくすぶっている高スペック人材です。

資質・能力では有利で、企業から期待されているはずの高スペック人材が出世できないのはなぜでしょうか。出世できない高スペック人材にどういう特徴・問題点があるのでしょうか。

「能力の高さ」が出世を邪魔する?

今回、経営者や人事部門の責任者・担当者37名に「出世できない高スペック人材の特徴、問題点」を訊ねました。実に多彩な回答がありましたが、次の3タイプがあることがわかりました。

第1に、自分の考え・やり方にこだわり、組織の方針や周囲のやり方に合わせることができないというタイプです。

「東大・京大あたりの出身者はやはり頭が良く、物事の本質をしっかり考え、理にかなったことを言います。ただ、自分の考えに自信を持ちすぎ、周囲に合わせて柔軟に行動するということができません。また、会社では一見無駄な業務や下積み仕事があるわけですが、高スペック人材は自分が無駄だと判断したら止めてしまったり、手を抜いたりします。結果として、職場で浮いてしまい、あまり評価されません」(エネルギー・経営者)

第2に、他人に仕事を任せられない、仕事ができない部下をやり込めてしまう、というタイプです。

「高スペック人材は業務遂行能力が高いので、能力が劣る周囲のメンバーや部下に仕事を任せるよりも、さっさと自分で片付けてしまいます。管理職になったら部下を育成しなくてはいけないのに、仕事ができない部下を厳しく叱責し、やり込めてしまいます。30代前半くらいまで担当者として高く評価されて、同期で一番乗りで管理職に昇格したのに、その後伸び悩んでしまう、というケースがよくあります」(食品・人事部門)