新卒採用を担当する人事が気にするのが「就職人気ランキング」だ。採用・就職支援を行う企業が、学生が「いい会社」と考え「入社したい」と志望する企業を調査・集計して発表しており、理系・文系、男子・女子などのカテゴリー別のデータも公開されている。願望や高望みも少なくないはずだが、「もしかしたら内定をもらえるかもしれない」という可能性のある企業に投票している。

今回紹介するのは、少し趣が異なり「あなたの志望の有無にかかわらず、優秀な学生が内定を取るイメージが最も強い企業を1社お選びください」という設問だ。自分ではなく、「優秀な学生」が内定をもらえる企業を想定してもらっている。自分が「入りたい」「入れるかもしれない」企業ではなく、「自分より優秀な学生だけが入れる」企業を問うている。この調査で、学生が考える就職難関企業が見えるはずだ。

エアラインは急降下

この調査は、HR総研が2022年卒の「楽天みん就」の会員学生を対象にして今年の3月に実施した調査の結果だ。1人1社にしか投票することはできず、1票の重みは重い。

「就職人気ランキング」企業は長期的に見ると変動するが、短期的、中期的には安定した顔ぶれだ。かつてトップグループの座に君臨していたメガバンクやマスコミ系は下降傾向にある。

強さが目立つのは総合商社、コンサル系、IT系だ。メーカー系ではソニー、トヨタ自動車、パナソニックが常連だ。また、食品・飲料メーカーの人気は高位安定している。コロナ禍以前は運輸系、とくに航空2社(ANA、JAL)の人気は絶大だったが、現在は急降下している。

「優秀な学生が内定を取るイメージが最も強い企業」も、少しこのような傾向を持っている。ただし、「就職人気ランキング」企業のすべてが「優秀学生=内定イメージ」と判断されるのではない。就職難関企業と判断される最大要因は「学歴」だと思う。実際に東大や早慶大ばかりを採用しているかはどうかはともかく、学生たちが「高学歴でなければ入れない」と思い込んでいる企業がある。