近年、大学入試改革や私大定員厳格化をうけて、大学受験に少しでも有利になるようにと、中学受験人気が再燃しています。

中学受験を考えていない小学生にとっても、効果的に学力を伸ばすための「頭の使い方」を身につけておくことは重要でしょう。

『学習の作法 中学受験・中学入学準備編』では、中学受験、そして中学入学後に一歩リードするために、「何ができるようになればいいのか」「どういう勉強をすればそれが身につくのか」を具体的に紹介しています。

本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。

高校受験に比べて、中学受験はコスパがよい?

2020年までにも東京の都立日比谷高校、大阪の府立北野高校が大きく進学実績を伸ばして「公立復権」と話題になっていましたが、2021年はさらに横浜翠嵐高校が50人の東大合格者を出しました。

これには、「遠くの超進学校より地元のトップ校」という地元志向や、将来を考えて男子校を避ける共学志向も大きく影響していると思いますが、それぞれの公立高校の受験指導が充実してきたというのもまた事実だと思います。

こうなってくると、高校受験を目指すべきか、中学受験をすべきかというのは、今まで以上に大きな関心事になるでしょう。

もちろん、それぞれいろいろな観点からのメリット・デメリットがありますが、ここではおもに「国内の難関国公立大学への進学に有利かどうか」という観点に絞って考察します。