大学受験で必死になって覚える英単語や英熟語。しかし、そんな厳しい受験を乗り越えたあなたも、いざ英語の記事を読もうとすると、わからない単語が多いことに驚いた経験があるのでは。「これはたまたま専門的な用語が多い記事だったに違いない」と、ひとり合点するなかれ。そもそも、日本の平均的な英語学習者の語彙力は、圧倒的に不足しているのです――。英語学者・北村一真さんの著書『英語の読み方』より一部抜粋し再構成のうえクイズ形式で説き明かします。

英語を一所懸命にやってもできない原因

大学受験で求められる語彙力は、あくまで試験に最適化すべく一定のレベル(5000〜7000語)におさえられています。したがって、受験英語が得意だったという人でも、英検準1級や1級で問われているような単語問題を見ると、まず使わないマニアックな表現なのではないかと感じてしまうことがあるようです。

私は、学生時代に英語を一所懸命学んだ人でも英語ができるようになったと実感できない原因、あるいは読解はそれなりにできるはずなのにリスニングが全くできないように感じる原因が、ここにあるのではないかと疑っています。

というのも、英検準1級や1級レベルの単語、つまり、7500〜1万5000語レベルの単語は新聞やニュース、小説、映画などはもちろん、児童書などにも出てくるもので、過剰に難しいものだと思い込んで学ばないままでいると、いざ興味を持ったものを読もうとしたときに、語彙力不足のせいで挫折してしまうことが多いからです。

読む際には、じっくり時間をかけて、前後の文脈などから類推することもできますが、ことリスニングにおいては、ここぞというところで知らない単語が出てくると、よほど英語を聞き慣れている人でなければ苦戦します。