「維新の三傑」といえば、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允だが、その裏で倒幕に貢献したのが、岩倉具視である。公家としては低い身分にありながら、強烈な上昇志向で、明治維新の立役者となった岩倉の原動力はどこにあったのだろうか。短期連載第4回となる今回は、孝明天皇の妹である和宮が第14代将軍の徳川家茂のもとに降嫁する「公武合体」の実現に向けて、岩倉がどんな働きをしたのかについて解説する。

<前回までのあらすじ>
下級公家の堀河康親の次男として生まれた岩倉具視は、「麒麟児(才能にあふれて将来が期待できる若者」として見初められ、岩倉具慶の養子として迎えられた(第1回)。岩倉が中央政界に自分の存在を知らしめたのが「廷臣八十八卿列参事件」だ。安政5(1858)年3月12日、88人もの公家が関白の九条尚忠邸へ押しかけて抗議した運動を主導(第2回)。その後は、朝廷と幕府の関係強化へ奔走する(第3回)。

「公武合体」しか活路がなくなった幕府

歴史的な出来事は一見、バラバラに起きているように見えても、すべて連動している。日米修好通商条約の調印に孝明天皇があれほど抵抗しなければ、大弾圧「安政の大獄」は起きなかったし、そもそも、老中首座の堀田正睦が外されて、大老の井伊直弼が台頭することもなかった。その井伊直弼も歴史の表舞台に立ち、強権を振るうことがなければ、暗殺されることもなかっただろう。

しかし現実には、安政7年3月3日(1860年3月24日)、水戸藩からの脱藩者17人と薩摩藩士1人の手によって、井伊直弼は暗殺されてしまう。現役大老の暗殺という衝撃的な出来事は、幕府の弱体化をあらわにした。このことが、外様藩である薩摩や長州が中央政界へ進出する契機となる。

悲惨なのは幕府である。もはや朝廷の後ろ盾なくしては権威を保てなくなり、朝廷と結ぶ「公武合体」に活路を見いだすほかなくなってしまった。

もし孝明天皇が幕府から権力を奪うことをもくろんで、条約調印に反対したのであれば、すべて目論見通りにいったことになる。しかし、孝明天皇にそのような野望はない。ただ幕府に従来どおり、鎖国体制を維持してほしいだけだ。

そんな孝明天皇にいら立ったのが、「安政の大獄」を指揮して「青鬼」と呼ばれた老中の間部詮勝である。「天皇の言い分は、勝算のない戦争をせよと同じではないか」と反論しているが、もっともだろう。

それを受けて、孝明天皇は「通商条約調印のやむえざる事情はわかった」と一定の理解を示している。まだ井伊が暗殺される前のことで、幕府に勢いがあったころのことである。

それでも攘夷の姿勢自体は、崩すことがなかった孝明天皇。井伊直弼の暗殺後、幕府の態度は一転し、朝廷へとすり寄ってきた。