「維新の三傑」といえば、西郷隆盛、大久保利通、木戸孝允だが、その裏で倒幕に貢献したのが、岩倉具視である。公家としては低い身分にありながら、強烈な上昇志向で、明治維新の立役者となった岩倉。その原動力はどこにあったのか。第7回となる今回は、岩倉具視と大久保利通の新政府樹立に向けた奮闘ぶりをお送りしよう。

<前回までのあらすじ>
下級公家の堀河康親の次男として生まれた岩倉具視は、「麒麟児(才能にあふれて将来が期待できる若者)」として見初められ、岩倉具慶の養子として迎えられた(第1回)。岩倉が中央政界に自分の存在を知らしめたのが「廷臣八十八卿列参事件」だ。安政5(1858)年3月12日、88人もの公家が関白の九条尚忠邸へ押しかけて抗議した運動を主導(第2回)。その後は、朝廷と幕府の関係強化へ奔走(第3回)。「和宮降嫁」による公武合体を実現した(第4回)。ところが、台頭する尊王攘夷派の標的となって失脚。岩倉村での生活を余儀なくされる(第5回)。その後、政治活動を再開したが、その前に立ちはだかったのが徳川慶喜だった(第6回)。

慶喜の独走に焦る男たち

慶応3(1867)年3月29日、この日のことを岩倉具視は生涯忘れなかっただろう。5年にわたる蟄居生活に終止符を打つべく、追放解除の知らせが届けられたのである。

そうはいっても、月に1度の帰宅が許されたのみで、依然として岩倉村で監視される身だったが、行動が少しでも自由になれば、それだけ政治力を発揮しやすくなる。このとき岩倉は、自分を支えてくれた配下の士に対して、深く感謝を伝えた。

しかし、喜んでばかりもいられない。孝明天皇の死後、庇護を失ったはずの徳川慶喜は、かえって精力的に活動し始めた。攘夷思想に気を遣う必要がなくなり、あからさまに開国へと舵を切ったのである。

朝廷には海外と交渉できる人材がいないのをよいことに、慶喜は外交で存在感を強めていく。長年の懸案事項だった兵庫開港も条約の勅許も、慶喜は朝廷からもぎとってしまった。そんな慶喜について、宇和島藩前藩主の伊達宗城は苦々しく日記に書いている。

「朝廷をはなはだしく軽蔑しており、言葉にもできない」

かねてから岩倉が目指した体制は、朝廷を束ねる天皇が中心となり政策を決め、幕府が実行するというものだった。それにもかかわらず、慶喜の台頭により、岩倉の理想とはかけ離れた状態になってしまった。

このままにしておくわけにはいかない。危機感を持ったのは、岩倉以外にもいた。慶応3(1867)年10月6日、薩摩藩の大久保利通は、長州藩の品川弥二郎とともに、岩倉村へ足を運んだ。