緊急事態宣言が明け、社会が通常運転に戻りつつあります。出社の頻度が増え、飲み会が開催される会社もあるようです。コロナ以前の会社員生活を謳歌する人がいる一方で、変化についていけず戸惑っている人も少なくありません。「久しぶりにリアルで同僚と話すので緊張する」「飲み会のノリや作法を忘れたからうまく楽しめない」という声も聞こえ始めています。そこで本稿では、上手に会話を「リハビリ」するための方法を、心理カウンセラーの五百田達成氏の『超話し方図鑑 思いどおりに人を動かす! 誰からも好かれる! 』より紹介します。

以前は普通に行えていた同僚との会話が、久しぶりにリアルで会ってみるとうまくいかないのは当然のこと。その原因は心理的距離にあります。

これまでオンラインで仕事をしてきた仲間・相手とは、知らず知らずのうちに心理的距離が遠のいています。

以前は、オフィスでのちょっとした声かけや、エレベーター前での何気ないやり取りのおかげで、微妙な関係が保たれ日々のコミュニケーションは円滑に回っていたわけです。

オンライン会議やチャットは効率的で便利な反面、ちょっとした雑談や、なんでもないやり取りは減る一方でした。つまり、ただ普通に仕事をしてるだけで、会社の仲間とはどんどん疎遠になっていたのです。

遠のいた心理的距離を回復するためには、なんでもない会話、ちょっとしたコミュニケーション、つまり「雑談」が効果的です。

そこで今日からすぐに実践できる雑談のコツをいくつか、効果を裏付ける科学的エビデンスと共に紹介します。

「ビデオトーク」で雑談 〜見たものをそのまま話題に〜

雑談とは「微妙な関係の相手と、少しだけ心理的距離を縮めるための、ちょっとした会話」のこと。そのためには、とにかく会話のラリーを続けることが効果的です。

あえて面白い話をする必要はありません。「一緒に話した」という事実が大事なのであって、内容はなんでもいいのです。

とはいえ、なんの話をしたらいいか迷う場合は「ビデオトーク」が有効。その名のとおり、目に入ったものをそのままビデオで映し出すように話題にしていきます。