日本を代表する一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。

たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれ、好評を博している。

その岡本氏が、全メソッドを初公開した『世界最高の話し方 1000人以上の社長・企業幹部の話し方を変えた!「伝説の家庭教師」が教える門外不出の50のルール』は15万部を突破するベストセラーになっている。

コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「『YouTube学習』が『ほぼ時間の無駄』である決定的理由」について解説する。

垂れ流される「時間泥棒コンテンツ」

いよいよ、2021年も残すところわずかとなりました。来年はどんな年にしたいですか。新年を迎えるにあたり、「来年こそいろいろ学んでスキルアップしたい」と考えている人も多いのではないでしょうか。ネットには学習用のYouTubeコンテンツがあふれかえり、企業などが主催する「オンラインセミナー」も花盛り

私は「企業幹部の家庭教師」として話し方をコーチングしていますが、最近、特に多いのが「『動画メッセージの発信法』や『ウェブ上でのセミナーでの話し方』を教えてほしい」というご要望です。

なかなか対面で会えない時代に、動画でメッセージを発信したり、オンライン上で自社PRするために、これまでの「『棒読み・棒立ち』の話し方を変えたい!」という人が増えているのです。

とはいえ、そんなに意識の高い人はごく一部。大学などでは、「ただでさえ話し方の下手な教授のつまらない授業が、さらにつまらない動画視聴授業に変わって『絶望的に学びがない』」という声も、よく聞きます。

最近、増えている動画学習ですが、実はただ、「動画を見るだけ」では学習効果があまりないことがわかっています。

今回は、日本人の「見て、聞いて、学んだ気、やった気になる病」の罪深さについて解説していきましょう。