最近、プログラミング言語のPythonへの注目が高まっています。Pythonは日常行う業務の自動化でもその利用が注目されており、Pythonによる業務自動化の書籍も増えています。

Pythonを使ってより効率的に、データ集計や抽出などの業務を行うにはどうしたらいいでしょうか。伊沢剛著『超速Python仕事術大全 』から一部抜粋し、シーン別に3回に分けてお届けします。

そもそもPythonとは

Pythonとはプログラミング言語のひとつで、他のプログラミング言語に比べシンプルな文法でプログラムを書けることが大きな特徴です。従ってPythonはC言語やJavaなどと比べると、プログラムの記述量を少なく抑えることが可能です。

さらに{}(波かっこ)は使わずインデントで処理のまとまりを示すので、どこまでが1つのまとまりかを直感的に把握しやすいという利点もあります。

このような理由からプログラミング入門者に適しているといわれているPythonですが、次のようにさまざまな場面で利用されています。

・アプリケーション開発

・Excelなどの作業の自動化

・Webスクレイピング

・データ分析・機械学習

このように多くの場面で利用されている理由のひとつとして、企業や個人が開発したライブラリ(機能を提供するプログラムをまとめたもの)が充実しているということがあげられます。

例えばデータ分析や機械学習などは、一見すると高度で複雑なプログラムが必要かのように思われますが、ライブラリを使用することで比較的シンプルなプログラムにすることが可能となります。

また、ここ数年でPythonの人気は急速に高まっています。

書店に行くとプログラミング言語の書籍はさまざまありますが、Pythonの書籍は他のプログラム言語と比べて数を増やしています。転職サイトやフリーランス向けのプログラミングの仕事情報を見ても、Pythonというキーワードをよく目にするようになりました。

これらの現象は、Pythonの高い人気を表しているといえます。Excelは昔からビジネスパーソン必須のツールですが、Pythonもそれと同じくらい必要とされ始めているといえるでしょう。