投資会社カーライル・グループ創業者のデイヴィッド・ルーベンシュタインが経営者、政治家、スポーツ選手、アーティストなど業界のトップの人材にインタビューをする番組『The David Rubenstein Show』。

ブルームバーグTVで配信中で、ジェフ・ベゾス、ジャック・ニクラウス、ビル・クリントンなどあらゆる分野の著名人が自身のキャリアと人生について語っている。これを書籍化した『世界を変えた31人の人生の講義』が日本上陸。その中から、アップルCEO、ティム・クック氏の対談の一部を抜粋、再構成してお届けする。

アップルに入るまで、業界トップの会社で経験を積んだ

デイヴィッド・ルーベンシュタイン(以下、ルーベンシュタイン):今日の立場を得るまでの来し方について、お伺いしたいと思います。アラバマ州で育ちましたね。

ティム・クック(以下、クック):その通りです。メキシコ湾に面したモービルと、フロリダ州ペンサコーラの間にある、とても小さな田舎町です。

ルーベンシュタイン:高校時代はスポーツで鳴らした学生でしたか? それとも勉学に秀でていましたか? あるいはテクノロジーおたく?

クック:人に知られるほど何かに秀でていたかどうか、定かではありません。努力はしましたよ。成績もまずまずでした。幼いころ恵まれていたのは、愛情に満ちた家族に囲まれ、優れた公立高校制度のなかで育ったことでしょうか。これは大きな恩恵でした。正直に言って、今ではこれだけの恩恵が受けられる子どもたちはそういないと思います。

ルーベンシュタイン:その後、オーバーン大学に進みました。大学生活はどうでしたか?

クック:なかなか良い学生生活でした。本格的にエンジニアリングにのめり込みました。いわゆるインダストリアル・エンジニアリングですね。

ルーベンシュタイン:そしてIBMに入社します。