東洋経済オンラインでは、期間限定で大人気漫画『キングダム』の序章を無料で公開中だ(こちらからご覧ください)。2000年以上前の中国で縦横無尽の活躍を見せるキャラクターのなかには、後に始皇帝となる若き王・嬴政(えいせい)など実在の人物も含まれる。

経営学を専門とし、多くの研究業績や著書のある早稲田大学の入山章栄教授は、今注目のスタートアップから大企業まで幅広い人脈の中で、経営者たちが『キングダム』にハマっていることに注目。自身も『キングダム』ファンであると同時に、経営学の観点から同作を分析してきた。経営学者は『キングダム』をどう読むのか。

前編:漫画「キングダム」に起業家が心奪われる納得理由

「キングダム」はベンチャーの世界と重なる

――前編では起業家は信と嬴政に共感しやすいとのことでしたが、ほかに起業家に人気のキャラクターはいますか。

山の民を率いる楊端和(ようたんわ)が好きな人は結構います。ただ、楊端和が好きという以上に、多様性の象徴のような彼女をチームに入れることに成功した嬴政がすごい、というやはり嬴政の立場での見方かもしれません。ほかに、呂氏四柱として呂不韋(りょふい)に仕えた後、嬴政についた右丞相(うじょうしょう、君主を補佐する高位の官吏)の昌平君(しょうへいくん、9巻初登場)が好きという人も多いです。

――途中で別陣営に移るという昌平君の行動を、起業家はどう受け止めるのでしょう。

トップと方向性が合わなくなって他社へ、というのは「ベンチャーあるある」ですし、引き抜きも普通のことです。

45巻には、野盗の首領から将軍になった桓騎(かんき)の隊に側近として属していた那貴(なき)が飛信隊に移るという印象的なシーンもある。ベンチャーの世界も、お金や待遇だけではなく、トップと合うか、企業文化がどうか、そして何を目指している会社なのかが非常に大事。そうした現実とも重なる話です。

のちの秦の始皇帝である嬴政についた昌平君(©原泰久/集英社)