記憶力や論理的思考力・説明力や抽象的な思考能力など、「頭がよい」といわれる人の特徴になるような能力というのは、先天的に決められている部分があり、後天的に獲得している能力は少ないと考える人が多いのではないでしょうか。

その考えを否定するのが、偏差値35から東大合格を果たした西岡壱誠氏です。漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当で、MBS/TBS系『100%!アピールちゃん』でタレントの小倉優子さんに大学受験の指導もする西岡氏は、小学校、中学校では成績が振るわず、高校入学時には東大に合格するなんて誰も思っていなかったような人が、一念発起して勉強し、偏差値を一気に上げて合格するという「リアルドラゴン桜」な実例を集めて全国いろんな学校に教育実践を行う会社「カルペ・ディエム」を作っています。

そこで集まった知見を基に、後天的に身につけられる「東大に合格できるくらい頭をよくするテクニック」を伝授するこの連載(毎週火曜日配信)。第13回は「部活動や課外活動をやめて勉強に専念すること」の弊害について、西岡氏が解説します。

この連載のほかの記事はこちらからご覧ください。

「文武両道」の東大生はけっこう多い

「東大生って、高校生活を勉強一筋できた人が多いんでしょ?」ということをよく言われます。確かに、東大生と言えば、高校3年間をとにかく勉強に捧げてきたような人……というイメージがありますよね。

しかし実は面白いことに、東大生って意外と「勉強一筋で東大に合格した人」って少ないんです。

高校2年生までは部活一筋だった、という人がけっこういます。文化部が多いというわけでもなく、サッカー部や野球部などの運動部に所属していた人も少なくありません。

これらのことについて正確なデータはありませんが、僕が東大1年生のときに所属していた英語の授業では、7割の人が部活動の元部長または生徒会長経験者でした。かなり多くの人が部活や課外活動も勉強と同時並行で実践していた「文武両道」の東大生なのです。

でもこれって、実は何もおかしなことではないのです。頭がよくなるためには、勉強だけを頑張るよりも運動やその他のことを本気でやったほうがいいのです。このことについて、『ドラゴン桜』で桜木先生がこんなふうに説明しています。

(漫画:©︎三田紀房/コルク)