みなさんは、自分の子どもにどんなふうに育ってほしいと思いますか? いろいろな理想像を思い浮かべられるかもしれませんが、根底にあるのは「幸せになってほしい」という願いではないでしょうか。

ただ、「幸せ」と言われても、感じることは人それぞれ違いますから、困ってしまいますよね。

そこで今回から3回にわたり『最新の「幸せの研究」でわかった! しなやかで強い子になる4つの心の育て方』(前野マドカ・著)の中から、お子さんの心に幸せの種を植えるための子育て習慣を紹介していきたいと思います。

試行錯誤の子育ての中でわかったこと

今、変化の激しい世の中で、社会に出て、ストレスやプレッシャーに押しつぶされ、心が折れてしまうような人が増えてきています。

そうした中、子育てと幸せに関する講演をしていると、わが子が幸せになるために、どのような子育てをすればよいのか、悩まれている方が多いように感じます。

私の夫、前野隆司は幸福学(幸せやウェルビーイング、ポジティブ心理学)の研究をしています。

今は私も、慶応義塾大学大学院SDM(システムデザイン・マネジメント)研究所の研究員となり、幸せの研究をしていますが、かつては正解のない子育てに試行錯誤しながら毎日をすごす、普通のお母さんでした。

私たち夫婦には、1996年に長男が生まれ、2000年には長女が生まれました。

夫が、幸せには「4つの心的因子」が影響していると導き出したのは、長男が小学校に入学した頃です。

人はその4つの因子をバランスよく備えることによって、より幸せな状態になれるということがわかってきたのです。