若手社員と、上司やベテラン社員との世代間ギャップは、いつの時代も言われる大きな課題です。世代間ギャップはどうすれば解消できるのか。大手ゲーム会社から独立し、著書に『多分そいつ、今ごろパフェとか食ってるよ。』などがある漫画家・イラストレーター・グラフィックデザイナーのJamさんが、自身の経験を基に、その対処法について解説します。

自分も上司に合わせたから、今の若者も合わせるべき?

(漫画:筆者作成)

「今時の若者は……」よく、そんな言葉を聞きます。でも、今は年齢が高くて役職に就いている人も、昔は新人で若かったはずです。

会社でも人生でも気持ちが変わる瞬間があります。年齢を自覚する節目のときや、大きな責任を背負うようになったときです。新人から中堅になったり、役職に就いたり、結婚して家族ができたり、30歳とか40歳とかの数字の区切りであったり。そのときにどう変わるかは自分次第です。

私の周りにも何かを境に価値観の変わった人はたくさんいます。