集中力が低下すると、仕事がはかどらない。バリバリと難しい仕事もこなせるあの集中力は、どうやったら手に入るのかーー。1日中高い集中力を維持することはできないが、集中力をできるだけ長く維持することは可能だと、精神科医で作家の樺沢紫苑氏は言う。本稿では同氏の近著『脳のパフォーマンスを最大まで引き出す 神・時間術』より、雑念排除テクニックを取り入れて、仕事のフォーマンスを上げる方法をお伝えする。

集中力の高い時間に、集中力の必要な仕事をする

たくさんの仕事をこなすためには、「集中力」を中心に時間を使いましょう。その上で、非常に集中力を要する「集中仕事」と、集中力をさほど使わなくてもできる「非集中仕事」に二分。集中力が高いときに集中仕事をすることで、1日にこなせる仕事量が決まります。

皆さんもご経験があるでしょう。午前中は難しい文書や企画書がすらすら書けたのに、昼食後はどうも進まない。だけど夕方の終業前は、ラストスパートがかかり一気に仕事がこなせた。また、昨今はテレワークが普及し、寝起きのスッキリとした脳を活かして、すぐにパソコンへ向かって猛烈にスタートダッシュする方もいらっしゃると思います。

集中力は、メンタルトレーニングを徹底的に行なっているプロのスポーツ選手ですら、完全にコントロールすることはできません。集中力は高めようとするのではなく、集中力の高い時間に集中力の高い仕事をするのが肝心です。

また、人間の身体には「体内時計」があり、正確にリズムを刻んでいます。毎日同じ時間帯にお腹が減ったり、眠気が来たり。また、体温やホルモンも、時間とともに規則的に変化しています。そうした中に、ウルトラディアンリズムという約90分間の周期があり、覚醒度の高い90分と眠気の強い20分が交互に訪れるサイクルが脳には存在しています。