職歴も学歴も申し分ないし優秀。でも一緒に働きたくない――。

これは転職面接で応募先の企業から不合格にされる、ありがちな「お見送り理由」の1つです。一方で「ぎりぎり合格ラインだけど、ぜひ一緒に働きましょう!」とオファーされる人もいます。この差はいったい、どこにあるのでしょうか。

著書『「会社辞めたい」ループから抜け出そう! 転職後も武器になる思考法』より一部抜粋し、優秀なのに不合格が続く「もったいない人」から抜け出す方法をお伝えします。

「優秀だけど不合格」になる人の心の癖

某有名大学を卒業し、日本を代表するメーカーの営業部に配属され好成績を挙げてきたAさん。友人からは「Aなら転職は楽勝でしょ」と言われていましたが、「転職に応募しても書類選考は通るのに1次面接で必ず落ちる」というお悩みで私のもとへ相談にいらっしゃいました。

私は、人事担当や経営者が転職面接でよく漏らす本音を思い出しました。

「あの人は優秀なんだけどね〜 “お見送り”かな」

どの業種の大手企業、中小企業、ベンチャー企業の面接でも同じように挙がってくる評価です。「優秀なのに不合格にする理由はなんですか?」と聞いてみると、こんな答えが返ってきました。

「前の会社を辞めた理由を聞くと、あの人は自分が働いている会社の悪口を言うんですよね。相性の良い配属先を見つけたくて質問しただけなのに。こういう人とは一緒に働きたくないと思っちゃいました」

Aさんは確かに不満の多い人でした。「私の上司に営業してみれば大変さがわかりますよ、と言いたかったです」とか「経営陣は現場が見えてないんですよね」などなど。鋭い思考の持ち主で的確な指摘もあるのですが「その言い方はAさんが損するので違う言葉を使いましょう」とお伝えし、言い換えの練習をしたほどでした。