「あなたのような見た目の人から化粧品を買う女性がいるとは思えない」と言われてもはい上がり、ついには、化粧品最大手のロレアルに約1500億円という巨額で自社を売却し、ロレアル内で初の女性CEOとなった起業家の自伝『Believe It(ビリーブイット):輝く準備はできてるか』がついに翻訳出版された。

原書はNYタイムズ、ウォールストリートジャーナル、 USA TODAYでベストセラー入りを果たし、話題書となっている。

テクノロジー、政治、経済、社会、ライフスタイルなど幅広い分野の情報を発信し、日本のインターネット論壇で注目を集める佐々木俊尚氏。「ノマドワーキング」「キュレーション」などの言葉を広めたことでも知られ、経済社会の動向にも詳しい佐々木氏は、本書をどう読んだのか。感想をうかがった。

自問自答にあふれた本

経営者が書いた本と言えば、以前はまるで英雄譚のように、自分がいかに頑張ったかを自慢気に書いたものが多かったのですが、『ビリーブイット』は、そうではありませんね。著者のジェイミーさんはつねに自問自答していて、その姿への共感度が高い内容です。

自分の人生を台無しにしてでも仕事に突き進むのか。あるいは、自分のノーメイクの顔をテレビで晒してまでも、既存の美の概念に挑みたいのか。彼女はずっと悩みながら進んでいきます。

成功する理由はあまりないが、失敗する理由はある。だから、失敗談は読んだほうがいいと言われます。成功者がいかに凄いかという話を読んだところで、それを真似することはできません。