「東大に入学して、驚きました。まわりの東大生たちは、勉強にかぎらず、語学、プログラミング、スポーツ、芸術など、いろいろな分野でやたらと上達が速いんです」

そう語るのが、2浪、偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。でもそれは、彼らに「才能がある」ということではないといいます。

「100人以上の東大生に勉強法を聞いて、確信しました。彼らが優れているのは『才能』ではなく、『独学の方法』です。その方法を使えば、誰でも、どんなことでも圧倒的に上達できるようになる。実際、もともと偏差値35だった僕自身も、その方法で東大に受かりました」

そんな独学の方法を解説した40万部突破シリーズの新刊『「学ぶ力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大独学』が刊行されます。ここでは、著者の西岡氏に「東大に推薦で合格した人たちの独学法」について解説してもらいます。

(こちらから、本書の「はじめに」を試し読みできます)

東大の中でも「推薦組」は別格

東大の中でも、「この人たちは別格だよね」「すごい人ばっかりだよね」と一目置かれている人たちがいます。

それは、東大に推薦で合格してきた、毎年100人に満たない東大生たちです。

東大の推薦入試において、勉強ができることはただの前提でしかありません。大学入学共通テストの成績はもちろん評価されますが、それに加えて、高校時代の課外活動や学術的な実績(例えば、高校時代に論文を書いて評価されたとか、地域に貢献する活動をしたとか)が評価されます。

実際の入試の現場では、さまざまなテーマについてのグループディスカッション、自分の今までの活動のプレゼン、さらに学部によってはなんと直接、東大教授陣と面談をすることになります。

つまり、東大の教授が直接、「この生徒は東大にふさわしい人材だ」と認めた学生しか合格できないというわけなのです。