「東大に入学して、驚きました。まわりの東大生たちは、勉強にかぎらず、語学、プログラミング、スポーツ、芸術など、いろいろな分野でやたらと上達が速いんです」

そう語るのが、2浪、偏差値35から奇跡の東大合格を果たした西岡壱誠氏。でもそれは、彼らに「才能がある」ということではないといいます。

「100人以上の東大生に勉強法を聞いて、確信しました。彼らが優れているのは『才能』ではなく、『独学の方法』です。その方法を使えば、誰でも、どんなことでも圧倒的に上達できるようになる。実際、もともと偏差値35だった僕自身も、その方法で東大に受かりました」

そんな独学の方法を解説した40万部突破シリーズの新刊『「学ぶ力」と「地頭力」がいっきに身につく 東大独学』が刊行されました。ここでは、著者の西岡氏が自伝的小説『それでも僕は東大に合格したかった』(新潮社)でも明かした「『偏差値35で2浪』から、それでも東大を目指した理由」を紹介してもらいます。

高校まで「得意なこと」なんて1つもなかった

「なんで西岡さんは、偏差値35だったのに、東大を目指したんですか?」

「2回東大に落ちて、2浪までして、どうしてそこまでして東大に合格したいと考えたんですか?」

ということを、僕はよく聞かれます。

僕は、小学校・中学校・高校と、ずっといじめられっ子でした。小学校のときのあだ名は「チェブ(チビでデブだから)」で、中学校に入っても「焼きそばパン買ってこいよ」みたいなことを言われたりする、いわゆる「いじられキャラ」でした。

高校生になっても「いじり」の延長で病院に運ばれて何針か縫ったりして、いい思い出はほとんどありません。

成績はずっとビリ。それも、勉強していなかったからというわけではなく、授業には出ているし真面目に先生の話は聞いているし、机に向かってはいるし宿題とかは出すけれど、成績が悪い、というパターンの生徒でした。

こんなことがありました。中学2年生の時の三者面談で、当時の担任の先生に「なんでこんなに成績が悪いんだ! 勉強してないんだろう」と怒られたのです。