ビジネスで成功している人たちの特徴のひとつに、「人を頼るのが上手」ということが挙げられます。いかに自分の能力を発揮するかということだけではなく、いかに人の力を借りられるかということも考えられるようになりたいもの。では相手に気持ちよく引き受けてもらえる人になるにはどうしたらいいのでしょうか。『なぜか感じがいい人のかわいい言い方』から、「あの人の頼みなら聞こう」と思ってもらえるかわいい言い方をご紹介します。

「協力してください」よりも「チカラを貸してください」

チーム一丸となって、大きな成果を出したい。なのに「やってくれる?」「協力してくれる?」と声をかけても、チームがひとつにまとまらない。みんなからやる気が感じられない。そんなときはどんなふうに声をかければいいのでしょうか。

おすすめの魔法の言葉が「チカラを貸してください」です。

相手はその言葉を聞いた瞬間、「自分の存在が必要とされている」と感じられるだけでなく、「他人の考えによって動く」から「自分の考えによって動く」という立場に切り替わり、それならばやろうと思う大きなきっかけにもなります。

もちろん、一人ひとりにその言葉をかけても、賛同者が現れないという場合もあるでしょう。その場合は少し厳しい言い方ですが、「あなたに返す恩はない状態」ということになります。

一番大切なことは、ふだんから「何かあったら、あなたに返したい」と思っていただけるような関係を築いていくこと。つねに与え、愛するという姿勢が大切なのです。