社員が会社を辞めるのは、なんらかの理由があるからだ。給料かもしれないし、人間関係かもしれないし、自身のキャリアを考えた結果かもしれない。ライフイベントに合わせた結果かもしれないし、その背景には人それぞれの事情がある。

しかし、中には「一度去った会社に戻ってくる人」もいる。「出戻り転職」と呼ばれる行動だが、この連載ではこの「出戻り転職」にフォーカスを当てたい。一度辞めたのに「戻りたい」と思える会社はそれだけ働く人にとって魅力的だと考えられるし、そこから「社員と会社の良好な関係性」を紐解けると考えるからだ。

「業務範囲が広すぎる……」

「だんだん自分の職種がわからなくなってきた……」

「このままがむしゃらに働き続けていて、いいんだろうか……」

そんな不安や不満を抱いた経験のある人は少なくないだろう。そして、その解消法はあまり語られることがない。結果、社員は退職を選び、ほかの会社へと転職していく──。

イタンジ株式会社(不動産賃貸業における課題をテクノロジーで解決するIT企業)で執行役員を務める永嶋章弘さん(37歳)も、かつてはそうした気持ちを抱き、実際に転職した1人だった。

しかしその後、彼は縁あってイタンジに復帰。「出戻り」を経験した者だからこそ、かつての自分と同じように「外の世界を見たい」「別の会社を経験したい」と思う若手社員に対して、伝えたい思いがあるようだ。

何度か転職し、最終的に出戻り転職

永嶋さんは2010年に筑波大学大学院を修了後、Webエンジニアとしてニフティ株式会社に入社。その後、2014年に創業期のイタンジに2人目の社員として入社。2016年に株式会社メルカリに転職し、2018年に執行役員としてイタンジに出戻りした。

「高専出身で大学に編入し、大学院まで、ずっとコンピューターサイエンスを学んできました。なので、Web系の会社に入りたいと思い、いくつか受けたなかでいちばん最初に内定をくれたニフティに入社することにしました。

ですが、新卒の研修期間が終わったあと、ニフティが買収したばかりの会社に出向することに。『勢いのある若手が欲しいらしいから、永嶋がいいんじゃないかな』と送り込まれたんですよね。当時の自分は『とにかく成長したい!』と息を巻いていたんですよ(笑)。