一部上場企業の社長や企業幹部、政治家など、「トップエリートを対象としたプレゼン・スピーチなどのプライベートコーチング」に携わり、これまでに1000人の話し方を変えてきた岡本純子氏。

たった2時間のコーチングで、「棒読み・棒立ち」のエグゼクティブを、会場を「総立ち」にさせるほどの堂々とした話し手に変える「劇的な話し方の改善ぶり」と実績から「伝説の家庭教師」と呼ばれている。

その岡本氏が、全メソッドを初公開し、15万部を超えるベストセラーとなった『世界最高の話し方』に続き、このたび『世界最高の雑談力―― 「人生最強の武器」を手に入れる! 「伝説の家庭教師」がこっそり教える 一生、会話に困らない超簡単50のルール』を上梓し、発売3日で3万部を突破するなど、早くも話題を呼んでいる。

コミュニケーション戦略研究家でもある岡本氏が「『お客様は神様』か?日本で『クレーマー』が増殖し『カスハラ』が横行する理由」について解説する。

「一人の申し立て」でも公園が廃止になってしまう現実

傍若無人に自分の要求や怒りをぶちまける「クレーマー」が増えています。

店で、学校で、交通機関で、役場で、病院で、高圧的な態度をとり、不機嫌をまき散らす。その対応に現場のスタッフ、職員、社員は疲弊しており、彼らを組織的に守る手立てが求められています。

長野県で、「子どもたちが使う公園が、一人の近隣住民の申し立てにより使えなくなり、廃止せざるを得なくなった」との報道がありました。

その男性は、長年にわたり、騒音などについての不満を行政に訴えつづけ、時には子どもたちの手を引いて直接叱るなどの行為もあったとされます。

もちろん、住民として静かな生活を求める気持ちもわかりますし、特定の音に対して耐性が非常に低い「ミソフォニア(音嫌悪症)」といわれる症状を持つ方もいらっしゃいます。

子どもの数が激減し、日ごろ子どもと接する機会がなくなり、周波数が高い子どもの声を、煩わしく感じる人もいるかもしれません。

さまざまな事情があるにせよ、たった一人の声の大きな人の苦情が、多くの子どもたちの遊び場を奪う結果になってしまったのは大変残念なことです。

ここでは、クレーマー増殖の理由やその対策について考えていきましょう。