記憶力や論理的思考力・説明力、抽象的な思考能力など、「頭がいい」といわれる人の特徴になるような能力というのは、先天的に決められている部分があり、後天的に獲得している能力は少ないと考える人が多いのではないでしょうか。

その考えを否定するのが、偏差値35から東大合格を果たした西岡壱誠氏です。漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当の西岡氏は、小学校、中学校では成績が振るわず、高校入学時に東大に合格するなんて誰も思っていなかったような人が、一念発起して勉強し、偏差値を一気に上げて合格するという「リアルドラゴン桜」な実例を集めて全国いろんな学校に教育実践を行う「チームドラゴン桜」を作っています。

そこで集まった知見を基に、後天的に身につけられる「東大に合格できるくらい頭をよくするテクニック」を伝授するこの連載(毎週火曜日配信)。連載を再構成し、加筆修正を加えた新刊『なぜか結果を出す人が勉強以前にやっていること』が、発売後すぐに3万部のベストセラーとなっています。第88回は東大生は話が上手な理由、「要するに」を使わない背景を解説します。

東大生は話が上手なのはなぜか?

みなさんは「話がうまい人」と聞くと、どんな特徴が思い浮かぶでしょうか? 話が面白い、自然と引き込まれる、などいろいろあると思いますが、「話が理路整然としていてわかりやすい」という点も挙げられるでしょう。

その意味で、私は東大生を見ていると「話がうまいなあ」と感じます。みんな頭の中で内容を整理しながら話すので、とても理解しやすいのです。そう聞くと、「生まれつき頭の回転が速いからだろう」と感じられるかもしれません。ですが、私はこの「話のうまさ」は勉強によって身についた力だと思っています。

次の『ドラゴン桜2』のマンガをご覧いただくと、私がそう言う理由がわかっていただけると思います。国語担当の大宰府先生が、文章読解のコツを説明しているシーンです。

※外部配信先では漫画を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください