忘年会や新年会などの機会が増える年末年始ですが、ひとりで過ごすのが好きな内向的な性格(内向型)の人は「楽しめるかどうか」「疲れないか」不安に思うかもしれません。

内向型の生きづらさを解消し、充実した人生を送るためのヒントを指南するフランス出身のビジネスコーチで著述家のティボ・ムリス氏は、著書『「ひとりが好きな人」の上手な生き方』の中で、行きたくないパーティーには行かなくていい、と述べています。

同書から一部を抜粋、再編集し、内向型の人がパーティーへの参加を「断る」ことについてご紹介します。

行くべきかどうかを見極める

まず、パーティーなどの社交の場へ本当に行きたいかどうかを見極める必要がある。ニューヨーク市立大学の心理学者ローリー・ヘルゴー教授は、パーティーに行くかどうかを迷ったときに役立つアドバイスをしてくれている。かいつまんで紹介しよう。

● パーティーの規模はどれくらいか?

パーティーの規模が大きくなると、内向型の人にとってはたいてい疲れが増す。

● 会場の雰囲気はどのようなものか?

屋内か屋外か? 空いているか混雑しているか? 騒がしいか静かか?

たとえば、屋外のパーティーなら休憩をとって散策するのに適しているし、タイミングを見計らって立ち去るのも容易だが、屋内のパーティーでは会場に閉じ込められるので、疲れやすいかもしれない。

● 参加者たちを知っているか?

参加している人たちの大半を知っているなら、気分的に楽である。当然、誰も知らない集まりに出かけるのは精神的に疲れる。