記憶力や論理的思考力・説明力、抽象的な思考能力など、「頭がいい」といわれる人の特徴になるような能力というのは、先天的に決められている部分があり、後天的に獲得している能力は少ないと考える人が多いのではないでしょうか。

その考えを否定するのが、偏差値35から東大合格を果たした西岡壱誠氏です。漫画『ドラゴン桜2』(講談社)編集担当の西岡氏は、小学校、中学校では成績が振るわず、高校入学時に東大に合格するなんて誰も思っていなかったような人が、一念発起して勉強し、偏差値を一気に上げて合格するという「リアルドラゴン桜」な実例を集めて全国いろんな学校に教育実践を行う「チームドラゴン桜」を作っています。

そこで集まった知見を基に、後天的に身につけられる「東大に合格できるくらい頭をよくするテクニック」を伝授するこの連載(毎週火曜日配信)。連載を再構成し、加筆修正を加えた新刊『なぜか結果を出す人が勉強以前にやっていること』が、発売後すぐに3万部のベストセラーとなっています。第90回は東大生が150分にも及ぶ長い試験時間で、集中力を維持できる背景を解説します。

一般的には90分が限界とされるが・・・

受験シーズンが近づき、大学入学共通テストまで2カ月を切りましたね。今、全国で多くの受験生が、試験問題を解く訓練をしています。

さて、みなさんは人間の集中力がどのくらい続くかご存じでしょうか?

一般的には90分が限界と言われており、極度に深い集中だと15分程度しかもたないそうです。学校の授業が50分前後で終わるのも、子どもの集中力が続かなくなるからですね。

しかし、大学入試となると話が別です。試験時間が90分を超えることもザラで、東大入試だと150分の科目が2つもあります。普通なら「そんなに集中力が持つの?」と思いますよね。

ですが、合格する人なら途中で集中力が切れるということはありません。試験中に集中力を保つコツを、みんな実践しているからです。

マンガ『ドラゴン桜』では、そのコツが具体的に説明されています。初の東大模試に挑む生徒に桜木先生がアドバイスをする、こちらのシーンをご覧ください。

※外部配信先では漫画を全部閲覧できない場合があります。その際は東洋経済オンライン内でお読みください