(写真:8x10 //PIXTA)

就職活動が早期化する中、就活生は「どの業界に行きたいか」「自分に合う仕事は何か」を早い段階から考えることになる。これまでに掲載の「早期に動く就活生が選ぶ『就職人気トップ150社』」「「就活生に人気が高い会社」男女別ランキング」に続いて、今回はいち早く動き出す就活生らによる業界別ランキングを紹介する。

データは文化放送キャリアパートナーズ就職情報研究所の調査を基にしている。同社運営の就職サイト「ブンナビ!」に登録する、2025年春入社希望の会員(現大学3年生、現大学院1年生)が調査対象だ。今回は登録会員のうち8695人から回答を得た。

就活生に人気の企業はどこか

金融業界の1位は日本生命保険(総合3位)、2位は大和証券グループ(総合4位)、3位東京海上日動火災(総合5位)という順になった。総合ランキングで上位の企業が目立つ。メガバンクはみずほフィナンシャルグループが7位、三菱UFJ銀行は11位、三井住友銀行は15位という結果になっている。

マスコミは、博報堂/博報堂DYメディアパートナーズがトップ。2位は出版大手のKADOKAWA、3位はジェイアール東日本企画という順だった。新聞社は5位の読売新聞社が唯一トップ10に入った。

商社は総合で1位の伊藤忠商事がここでもトップに。20時以降の残業原則禁止や朝型勤務推進などの取り組みで知られ、働きやすい会社という印象を就活生に与えている。2位は三菱商事、3位は丸紅となり、総合商社は根強い人気を獲得していることがわかる。

【2023年12月14日15時45分追記】金融業界について上記のようにランキングの内容を反映しました。

ランキング表ではほかにも、「通信・IT・ソフトウェア」「自動車・機械・電気機器」「食品」「化学」「不動産」「建設・住宅」「ホテル・レジャー・旅行」「ゲームソフト/ゲーム・アミューズメント機器」「旅客(航空・鉄道)」「シンクタンク・調査・コンサルタント」「レストラン・フード」の分類でまとめている。