「試験勉強は『凡人でも、何歳からでも』やり方次第でうまくいく」。CFP6科目、行政書士、公認会計士試験、システム監査技術者と、自らが数々の難関試験に短期合格してきた宇都出雅巳氏はこう語ります。確実に結果を出すために、まず「学校の勉強」とは異なる「結果が出る勉強」へと意識を変えることが必要です。

※本稿は宇都出雅巳氏の新著『どんな人でも1番結果が出る勉強法 合格は「あたりまえ化」の法則』から一部抜粋・再構成したものです。

めざす結果と常に向き合い続ける

「結果が出る勉強法」を一言でいうとそれは……「めざす結果と常に向き合い続ける勉強法」です。結果を出したいと思いながら、なぜか多くの人が結果とちゃんと向き合っていません。なので、結果が出ないのです。

これに対し、この勉強法は常に結果にフォーカスし続けるので、必ず結果が出るのです。

また、「自分は勉強苦手なんですけど……」という方でも大丈夫です。これまでとはまったく違う「勉強」をしてもらうからです。逆にいえば、これまでの「勉強」、つまりあなたが子どものころに経験して身につけた「学校の勉強」を卒業してもらわないと、結果は出ません。

実は「学校の勉強」こそが結果を無視した勉強だったからです。