2016年度に絶好調の業績をたたき出した、スマートフォン向けニュースアプリ運営のGunosy(グノシー)。直近では女性向け情報アプリ、フリマも含むネットショッピングの価格比較アプリという2つの大型新事業を発表し、業界内外から注目を集めている。ニュースアプリ市場が成熟化に向かう中、同社はIT・ネット業界のメガトレンドをどう読み解き、成長戦略を描くのか。福島良典CEOにじっくり聞いた。

2つのアプリが共に成長した

――前期(2016年6月〜2017年5月)は売上高、営業利益とも期初予想から大幅に上振れる好調ぶりだった。

開始から4年を超えた「グノシー」アプリをさらに成長させられたことと、もうひとつの「ニュースパス」(KDDIと提供)を成功に導けたことが大きかった。「グノシー」のユーザーは10〜30代が中心で、それだけでは限界が見えたかもしれないが、もっと拡大できることを証明できた。

どちらのアプリもアルゴリズムで記事を表示しているが、使われ方がまったく違うのは興味深い。「グノシー」はエンタメ、ゴシップ、スポーツ系のニュースやコラムが多く読まれるが、「ニュースパス」は天気や災害、事件・事故や堅めのニュースが中心だ。

一方で「これくらいユーザーを獲得できたら、これくらい残り、これくらいの滞在時間に落ち着くだろう」という点は、どちらのアプリも想定どおりに推移したので、安心した。

――スマホのニュースアプリは世間に一通り定着してきた感がある。参入当初と比べ、市場環境の変化を感じるか。

スマホ自体はかなり広範囲に普及したが、まだ(アプリではなく)ブラウザでニュースを見ている人は少なくないので、僕らの拡大余地は依然として大きい。ただ、ユーザーの中でも先進的な「アーリーマジョリティ」といわれる層には普及してきた。今度は「レイトマジョリティ」、本当の意味でのマス層をどう取り込むかが競争の焦点になる。

そこで大事になるのは、ユーザー獲得経路を工夫することだ。たとえば「グノシー」ではマクドナルドと組んだキャンペーンを行うなど、オフラインの施策を充実させている。人に勧められたり、CMで見たりして名前は知っているが、まだダウンロードしていないという層には、きっかけとなる一押しが重要。そういう意味で、従来の広告だけでない接点を作るようにしている。