アメリカ側としては、「パルメザン」はEUが主張するパルミジャーノ・レッジャーノとは異なり、あくまで「アメリカ産のパルメザンチーズ」であり、正式な名称として使用しているというスタンスだ。そして、日本で広く出回っている、パスタなどに手軽にかけて楽しむ人気の粉チーズも、実はイタリア産ではなく、アメリカ産の「パルメザン」だ。日本では、パルミジャーノ・レッジャーノに類似したチーズが「パルメザン」と総称して呼ばれることも少なくない。

パルメザンとパルミジャーノ・レッジャーノ

パルメザンチーズをその場でパスタの上にすり下ろすサービスを提供している都内のイタリア料理店を訪れると、実は使用しているのは、パルミジャーノ・レッジャーノではなく、ワンランク価格の安いグラナパダーノだと明かす。しかし、日本の消費者になじみがあるため、「パルミジャーノ」の呼称をメニューにはあえて使っているという。客へのわかりやすさを追求し、その名称を使っているのが現状だというが、今後EPA大枠合意後の動向によっては、見直さざるをえないと、店長は悩み顔だ。

「メニューに載せている名前を変えなければならないかもしれない。ただ、消費者がチーズを始め、イタリア食材や料理への理解を深めるきっかけになるのであれば、むしろ業界に携わっているわれわれにとっては、うれしい進歩でもあるのかもしれない。なるべくポジティブにとらえて、動向を見守っていきたい」

この変化を好機ととらえるべく、前向きに切り換えていくことが重要かもしれないと話す。

パルミジャーノ・レッジャーノの名称保護をどうするかについて、農水省担当者は「生産地や伝統的な製法などのクオリティを大切にし、本物を守るというのが、地理的表示保護制度の趣旨。パルメザンとパルミジャーノ・レッジャーノという呼称をそれぞれ、日本の消費者が現在どのようにとらえているのか、まずは意見を広く集めて検討していきたい」と、慎重な姿勢だ。

先に交渉されたTPPにおいては、日本はチェダーやゴーダなどのハード系チーズに対しての関税撤廃を受け入れた反面、ソフト系チーズの聖域は守られてきた。国内で、良質なソフト系チーズを生産する職人も徐々に出てきており、酪農家への配慮ともなっていたが、今回はその聖域に一歩踏み込んだ形となった。

ヨーロッパからはこの合意を皮切りに、舌の肥えてきた日本というフィールドを虎視眈々と見つめる視線が一層強まりそうだ。