「多くの有為な人材をこの選挙で失ってしまったということは、本当に残念至極だ」

10月25日午後に開かれた希望の党の両院議員懇談会。代表である小池百合子東京都知事は冒頭の挨拶でこう述べた。

10月22日に行われた衆議院選に235人もの候補を擁立しながら、当選したのは50人。希望の党は、公示前より7議席減らした。9月25日の結党宣言時には飛ぶ鳥を落とす勢いだった小池知事だが、その後、あっという間に失速した。自身の衆議院転身というサプライズがなかったこと、民進党から希望の党への合流しようとしたメンバーに安保法制容認と憲法改正支持という“踏み絵”を課して野党分裂を招いたことなどが、失速の要因として指摘されている。

テーマカラーである百合子グリーンを封印

その際に、小池知事が用いたのが「排除」という言葉。「(踏み絵を踏めない、あるいはあえて踏まない民進党出身者を)排除します」との発言が、国民の支持を立憲民主党に向かわせる大きな要因となった。

両院議員懇談会で議員たちと握手をする小池百合子氏(筆者撮影)

「私の言動によって、同志のみなさまには大変ご苦労をおかけしたこと、これについては心ならずも多くの方々を傷つけてしまったことについて、あらためて謝りたいと思っている」

その謝罪と反省の表明なのだろうか、衆院選前日の21日以降は希望の党のテーマカラーである百合子グリーンを封印。パリへ出張する際や現地で投開票の取材を受けた時、そして25日に帰国した時にも緑色のものを身に付けなかった。

希望の党として初めて開かれた両院議員懇談会でさえ、百合子グリーンは小池知事によって“排除”されたままだった。その間に身に付けていたのは黒がメイン。これは、討ち死にした185名ものメンバーへの哀悼の意の表明だったのだろうか。