近年、世界の自動車メーカーが力を入れているのがSUV(スポーツ多目的車)だ。

中でもトレンドの中心にあるのは、SUVが持つタフなイメージを踏襲しながら、アスファルトの上を快適に、かつスポーティにと、乗用車的な感覚で乗りこなせるクロスオーバーモデルといえる。自動車メーカー各社がこぞって独自のブランド観を採り入れたモデルを続々とリリースする流れは、しばらく続きそうだ。

日本ではトヨタ自動車が2016年末に発売した「C-HR」が、2017年の乗用車(軽自動車を除く)ブランド通称名別ランキングで4位(約11万7300台)という高順位に食い込んだほか、2017年末にマツダが投入した「CX-8」の出足も好調。ホンダが一度は日本での販売をやめた「CR-V」を今年中にも復活させる見通しだ。

新モデル、レクサス「UX」を投入する

クロスオーバーSUVへの注目ががぜん高まる中、レクサスが新モデルを投入する。その名はレクサス「UX」。スイスで今年3月8日に開幕し、同18日まで一般公開されているジュネーブ国際モーターショーで市販モデルが世界初公開された。日本では2018年冬に発売を予定している。

「UX」は、「アーバン・クロスオーバー」を意味する車名だ(写真: Lexus International)

「UX」は、「アーバン・クロスオーバー」を意味する車名。今回、ジュネーブショーに出展されたのは、欧州で市販予定の「UX 250h F SPORT」で、ボディサイズは全長4495mm×全幅 1840mm×全高 1520mm。現在、明らかになっているパワートレーンは直列4気筒2.0直噴エンジンと、これと組み合わせるハイブリッドシステムの2つだ。