津田大介(以下、津田):一田さんは、新井紀子さんが『AI vs. 教科書が読めない子どもたち』などで指摘されている議論などに言及され、機能的識字能力、つまり自分が書いたことが正確に伝わっていないと指摘しています。

僕自身、Twitterを使って情報発信をしていて近年顕著になったと感じるのが、Twitterで明らかに皮肉として書いたものがそのまま受け止められることです。140字で言葉足らずになってしまうということもあるのでしょうが、自分の伝えたいメッセージが全然違うように受け止められる。一田さんのようにフェイクニュースやヘイトスピーチの議論で読む側の問題を指摘している人はなかなかいませんでした。

僕は本の中で政治的、あるいは商業的な目的で情報が歪められているという状況に対して4つの対策を示しました。同時にそれらがまったく対策にならないだろうという限界も書いています。「限界があるけれども、やらないよりはましだからやろう」というのが僕の立場です。

ジャーナリズムにおけるAIは重要な課題

一田和樹(以下、一田):津田さんは2014年の衆議院選挙でのツイートを分析したファビアン・シェーファー氏の研究や、公的機関や政党による情報操作の実態を明らかにしたサマンサ・ブラッドショー氏のレポートに言及され、私も関心を持っていました。津田さんは特に日本の話題、ネットの「炎上」の問題や、あとスロージャーナリズム、建設的ジャーナリズムについて詳しい。それとAIに関しても言及されています。おそらくこれからAIはかなり重要な課題になると思います。

津田:AIはフェイクニュースを悪用する攻撃側にとっても重要だし、防御側にとっても非常に重要になってくるテクノロジーですよね。僕も一田さんも、基本的には研究機関や報道機関が典拠も示している報道や研究をベースにしています。陰謀論的な話ではなくて、「公開情報でここまで明らかになっている」というまとめでもあります。

しかし、決定的に日本のマスメディアがこの種の情報に対する感覚が高くない。昨年、NHKの番組『クローズアップ現代プラス』で、特定の弁護士に対して合計13万件の懲戒請求があったことが放送されました。

あるブログの真偽の不確かな記述をきっかけにまったく事案に関与していない弁護士が巻き込まれました。ようやくこの1年、新聞やテレビなどのマスメディアがこの問題について注目してくれたという感覚はありますね。