窓が極端に小さい中間車両(撮影:尾形文繁)

2〜9号車は今回初めて公開された。3号車と7号車は通常の車両よりも窓が極端に小さい。また、5号車はミーティング室や多目的室が設けられ、扉部分を含めても窓がほとんどない。「窓の大きさや有無による車両構造や客室内環境などの評価を行うため」(JR東日本)という。実際、窓の大きさで騒音レベルはかなり違ってくる。JR東海の新幹線700系と最新のN700Aでは窓の大きさが全く違う。最高速度の速いN700Aの窓のほうが小さい。窓の面積が小さいと車体の軽量化や剛性強化にもつながる。

8号車は、外観は通常の車両と大きな違いはないが、車内を2つに分けて、客室環境を比較評価するという。

急停車は屋根上の「抵抗板」で

性能面では、地震発生時などの緊急事態により早く、より安全に止まるために、車両の屋根上に空力抵抗板ユニットを設置した。普段は格納されているが、緊急時にせり上がる。2005〜2009年に走行試験を行った8両編成の「FASTECH(ファステック)360」も空力抵抗板ユニットが設置されており、その特徴的な形状から「猫耳」と呼ばれたが、アルファエックスのそれはずっと小ぶりだ。

ほかにも山手線の新型車両などに搭載されているCBM(予防保全)システムを搭載して、車両や地上設備を常態監視することで異常発生前にメンテナンスを実施する。これによって故障が減ると同時にメンテナンスコストの低下にもつながる。また、将来の自動運転を目指すために、出発から加速、惰行、減速といった車両制御の基礎的な研究開発も行う。

アルファエックスは今月から2022年3月にかけて、仙台―新青森間を中心に走行試験を行う。次世代新幹線の営業最高速度とされる時速360kmでの走行のほか、最高時速400kmでの走行は数回程度行われる。走行試験は週2回程度、営業列車の走行しない夜間の時間帯に行われるが、運が良ければ、駅に停車中のアルファエックスの雄姿を見ることができるかもしれない。

著者:大坂 直樹