筆者は今、ドイツ・フランクフルトで開催されるフランクフルトモーターショー(IAA)のため現地に来ている。現地日時9月10日からメディア向けのプレスデーを皮切りにショーはスタートするが、例年その前日夜に出展社のうちいくつかのグループではメディアを対象とした事前説明会を開催する。

今回はVW(フォルクスワーゲン)グループ各社の事前説明を行う「VWグループメディアナイト」の取材を先ほど(現地時間9月9日20時〜)行った。ここでの目玉は、2019年末に欧州で販売を開始するとしていたバッテリー式電気自動車(BEV)の市販車バージョンである「ID.3(アイディ.3)」が、世界で初めてメディアに対してお披露目されたことだ。このID.3はすでに先行生産車として400台が完成している。

ID.3は、フォルクスワーゲンのモジュラーエレクトリック ドライブ マトリックス(MEB)をベースにした、次世代電気自動車シリーズの第1弾だ。MEBについては2019年3月にスイスのジュネーブで開催されたジュネーブモーターショーの記事に詳しいので本稿と併せてお読みいただきたい。

特別限定モデルの航続距離は最大420km

VWグループメディアナイトに登壇したVWAG会長のヘルベルト・ディース氏はID.3について、「4年半前からご説明してきた電気自動車がID.3としてついに量産を開始します。MEBプラットフォームをベースに開発されたこの最初の電気自動車は、CO2ニュートラルな方法で生産され、電気自動車ならではのハイレベルなドライビング・ダイナミクスを特徴としており、完全なネットワーク機能も備えています」と語った。

発売当初に設定される特別限定モデルの「ID.3 1ST」は、バッテリー容量58kWh/最大420km(WLTP モード)の航続距離を誇る。量産モデルでは、45kWh/最大330km(同)と、77kWh /最大550km(同)もラインナップに加わる予定だ。充電時間は、100kWの急速充電器を使用した場合、ID.3 1STでは、30分間で約290km(同)走行分の電気エネルギーを充電することができる。

VWはID.3をもって、世界の自動車産業の中で最も大きな電動化策をとったことになる。今後3年間で、VWグループ内の商用車を含むすべてのブランドで、合計33車種のMEBをベースにしたモデルの生産を立ち上げる予定だ。