10月12日から13日にかけて関東甲信越・東北地方を通過し、河川の氾濫など大きな被害をもたらした台風19号。鉄道も例外ではなく、この地域を営業エリアとするJR東日本の各線にも爪痕を残した。各地で施設や車両などに大きな被害が出ている。

北陸新幹線の基地が浸水

長野県長野市にある北陸新幹線の長野新幹線車両センターでは、センター自体が千曲川の氾濫によって浸水し、E7系8編成、W7系2編成の計10編成が水につかった。北陸新幹線はE7系19編成、W7系11編成の計30編成を使用しており、全編成の3分の1が被災したことになる。このほか、工場にあるメンテナンス設備も被害を受けた。

車両センターがある場所は、長野市の洪水ハザードマップによると洪水により想定10mから20m未満までの浸水が起こることが予測されており、長野市穂保(ほやす)の堤防が決壊することでそれは現実となった。

現在のところ、北陸新幹線は糸魚川―金沢間と東京―長野間でそれぞれ折り返し運転を行っており、東京―金沢間を結ぶ「かがやき」「はくたか」は運転を取りやめている(15日は、上越妙高・糸魚川―金沢間で臨時「はくたか」を運行する)。

だが、全線で運行を再開したとしても、車両不足から減便が予想される。水につかった新幹線は電気設備などの修復作業が必要で、水が引いたからといってすぐに走れるようになるものではない。