動画配信「ネットフリックス」が拡大する一方、「スカパー!」の会員数が前年比3万7850件(2020年2月時点)減少するなど厳しさを増す有料放送。「釣りビジョン」など有料放送から配信サービスに移行する会社も少なくない。

そんな中、有料放送を主体とする媒体の中で、いち早くYouTubeへのネット配信を手がけていたアメリカ・ディスカバリー社が、満を持して日本で定額課金制動画配信への参入を発表した。ディスカバリーといえば「ディスカバリーチャンネル」や「アニマルプラネット」など、世界最大のドキュメンタリーチャンネルとして知られる。

なぜいま有料の動画配信に参入するのか。日本法人のディスカバリー・ジャパン社長、デービッド・マクドナルド氏に聞いた。

有料放送だけで会社の成長は難しい

――日本ではスカパー!やWOWOWなど一部の有料放送事業者は会員数が減少しています。こうした状況がディスカバリー・ジャパンの会員数にも影響しているのでしょうか。

ここ数年は伸びてもいないけれど、極端に減ってもいない。いまのところ、「ケーブルカット」と呼ばれる有料会員離れが激しいヨーロッパやアメリカよりも、日本の減少幅は大きくない。

ただ、会社が成長するためには有料放送だけでは難しいというのが本音だ。ディスカバリー・ジャパンは長らく「ディスカバリーチャンネル」と「アニマルプラネット」という2つの有料放送を事業のメインとしてきたが、2018年から無料放送とネット配信を始めることにした。