マスクの価格や需給はもはや全人類の関心ごととなっているが、世界最大のマスクメーカー「BYD(比亜迪)」のことは知っているだろうか。中国通の人ならば、「あれ?BYDって中国のEVメーカーだよね」と不思議に思う人もいるだろう。

2月にサージカルマスク生産に参入した同社は、今では1日2000万枚を生産し、中国の2018年のマスク生産量(45億4000万枚)も軽々と超える生産体制を築いている。

BYDにはソフトバンクグループの孫正義会長兼社長をはじめ、世界中から注文が舞い込んでいる。ところがアメリカでは同社にマスク10億ドル(約1072億円)分を注文したカリフォルニア州が、契約通りに納品されないことを理由に、返金を求める騒動が起きている。

マスク4億枚を買い付けたカリフォルニア

孫正義氏は4月11日、BYDからマスクを月3億枚輸入し、利益を上乗せせず日本の医療機関などに供給するとTwitterで発表した。ほぼ同じ時期、カリフォルニア州もBYDから医療用マスクを10億ドル(約1072億円)分調達すると公表した。

同州が最近公表した契約内容によると、BYDとはN95マスク3億枚を1枚3.3ドル(約354円)、サージカルマスク1億枚を1枚0.55ドル(約59円)で購入することで合意。1枚3.3ドルという価格は、他の州の調達価格に比べてかなり安いという。

ところがカリフォルニア州は5月6日(現地時間)、BYDから期日通りにN95マスクが納品されないため、すでに支払った4.95億ドル(約531億円)の半額の返金を求めると明らかにした。時を前後して、アメリカ当局が中国製マスクメーカーの輸出許可を一部取り消したため、BYDとの関連を巡ってさまざまな情報が飛び交ったが、その後、詳細が少しずつ判明している。

そもそも、高機能医療用マスクの「N95マスク」は、アメリカ労働安全衛生研究所(NIOSH)の規格に合格したマスクだ。中国メーカーの「N95マスク」の大半は、実際には中国の同様の基準をクリアした「KN95マスク」であり、NIOSHの認証を受けていない。そのため厳密には「N95マスク」は名乗れないのだが、“N95同等”と注意書きがされていたり、一般名詞的に「N95マスク」と呼ばれることが多い。

中国メディアによると、孫正義氏やカリフォルニア州が調達するとしている「BYDのN95マスク」も正確には「KN95マスク」だという。