新型コロナウイルスの感染拡大の影響を大きく受けている外食業界。立ち食いそばもその例外ではないが、厳しい状況の中にも希望とも取れる変化が出てきているという。業界2大チェーンである「江戸切りそば ゆで太郎」を運営するゆで太郎システムの池田智昭社長と、「名代富士そば」を運営するダイタンホールディングスの丹有樹社長が、コロナ下での立ち食いそばの現在と未来を語り合った。

前編:「立ち食いそ」ばから見える東京のコロナ事情

そばは「テイクアウト」に合わない

人が減った中で、多くの飲食店がテイクアウトやデリバリーなど、店外でメニューを提供できるサービスを始めた。「ゆで太郎」「富士そば」も同様に始めたのだが。

池田:テイクアウトも、温かいそば以外のメニューで、この機会に始めたんですよ。1店舗あたりだいたい5万円ぐらいの売り上げと、思っていたよりよかったですね。

:うちはコロナの前から出前館さんと話を進めていて、ちょうどコロナのタイミングでデリバリーを始めたんですが、そこまで大きく売り上げに貢献しているかというと、そうではないですね。テイクアウトやデリバリーは、ふだん行けない人気店や高級店とか、常連さんがサポートしてあげたいと思うようなお店はいいかもしれませんが、うちがそういうお店と張り合ってもしょうがないかなというのはあります。

池田:おそばはもともとテイクアウトに向いていないですよ。お店でできたてを食べるものですから。あとはお店でできるキャパがありますから、昼どきにテイクアウトの注文が入ると、どうしても厨房が止まっちゃいますからね。郊外店はお客様の来るタイミングはバラけているので、そこまでの影響はないんですが。

:数がこなせなくなっちゃうんですよね。うちもピークが濃い店舗は、デリバリーをやらせていません。

予防ワクチンや治療薬が開発されない限り、我々は今後もコロナウイルスの感染を意識しながら、生活していかなければならない。

池田:店側ができるのは、従業員がマスクをつけて手指を消毒する。あとは店内のアルコール消毒をまめにする。それしかないですよね。