向山英彦(むこうやま・ひでひこ)/日本総合研究所調査部上席主任研究員。中央大学法学研究課博士後期課程中退、ニューヨーク大学で修士号取得。証券系経済研究所、1992年さくら総合研究所を経て現職。著書に『東アジア経済統合への途』、『アジアの経済発展と中小企業』など(記者撮影)

――フォトレジストは日本企業が世界市場の約9割を占めている品目ですね。

そのとおりだ。フォトレジストに関しては、日本企業への依存が依然として続いていると言えるが、注意したいのは「脱日本」の動きが見られることだ。

1つは、サムスン電子が、日本企業であるJSRとベルギー企業との合弁会社からの調達を増やしたことが挙げられる。もう1つは、アメリカからの輸入先だったデュポンが2020年1月、韓国でEUV向けフォトレジストを生産する計画を発表した点が注目される。

顧客の近くで生産することでシェアを増やす狙いがあると思う。こうした状況下、シェアを奪われないために、東京応化工業が最近、仁川工場でEUV向けフォトレジストの量産を開始した。

戻らないフッ化水素の輸入額、韓国の国産化が進む

――フッ化水素も、日本が世界で高シェアを占めている品目です。またその品質や純度については、日本側から「韓国は絶対に超高純度品をつくれない」という声も聞かれました。

韓国にとってフッ化水素の輸入先は、中国が1位、日本が2位だ。半導体製造には500以上もの工程があり、その中でフッ化水素を使用する工程は10%程度を占める。工程ごとに使用する純度が違っており、超高純度のものの多くは日本から輸入していた。日本ではステラケミファと森田化学工業が主要メーカーだ。

データを見てみたい。韓国の輸入額は、輸出管理強化前は月600万〜750万ドル規模で推移していたが、規制が本格化した8月以降は100万ドルを切り、現在でも100万ドル前後で推移している。日本企業には輸出許可が19年末に下りたにもかかわらず、フォトレジストとは対照的に、元の水準には到底及ばないレベルだ。