開始時期が唐突に前倒しとなったうえに、東京都発着旅行が急に除外され、必要書類も明示されない――。大混乱の中で、7月22日に「Go To」キャンペーンが見切り発車した。

旅行者への説明も不十分で、受け入れ側となる宿泊施設や手配する旅行会社・旅行予約サイトに対する説明会も実施前日の7月21日にようやく開催されたほど、準備不足が否めない。

Go Toは新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、壊滅的な需要減に見舞われた観光業界の活性化を狙って、国が打ち出した政策だ。宿泊や日帰りの国内旅行代金から直接割引やクーポンでの還元などで最大で半額相当が補助される。もともとは8月中旬に始める予定だった。

筆者は連休初日の7月23日、沖縄・石垣島へ飛び、Go Toの現実を取材した。

石垣島のホテルにチェックインしてみた

今回、筆者は石垣島から離島へ向かうフェリーターミナル近くのホテル「南の美ら花 ホテルミヤヒラ」にチェックインをした。東京都内を拠点に仕事をしているが、千葉県民の筆者は「Go To」の対象となる模様だ。

まずチェックインの手続きを取る前に、ホテルスタッフが検温し、体温を確認された。その後、「お客様健康確認アンケート」への記入を求められ、体温の記入及び現在の体調、海外渡航歴(2週間以内)、PCR検査の結果待ちの状態かどうかなどのほか、新型コロナ発症者との接触についての質問に答え、さらに電話番号を記入したのち、最後に署名をして提出した。

チェックイン時にさまざまな項目の質問に答えた(筆者撮影)

その後、チェックインの手続きが行われ、いつも通りに宿泊者名簿に名前や住所などを記入した。住所は代表者のみ。同行者は名前だけ書けばよく、住所を聞かれることもなかった。このホテルでは、チェックイン時の手続きで、「宿泊証明書」の発行について「不要」もしくは「必要(部屋・個人)」から選択できるようになっており、筆者は「必要(部屋)」にチェックを入れた。これでチェックイン手続きは完了し、部屋の鍵を受け取った。