TVドラマ『半沢直樹』で主人公が勤務する「東京中央銀行」は、産業中央銀行と東京第一銀行が合併して誕生したという設定である。現実の世界でも、平成期には一昔前であれば考えられなかったような大規模合併が次々と行われ、いくつもの銀行が生まれては消えた。そして各銀行の歴史をたどっていくと、名称として番号のついた銀行、いわゆる「ナンバー銀行」にたどり着くことが多い。サイエンスライターの佐藤健太郎著『番号は謎』から、ナンバー銀行の栄枯盛衰を振り返ってみよう。

日本の銀行の歴史は、1872(明治5)年の「国立銀行条例」に始まる。翌1873(明治6)年、渋沢栄一が第一国立銀行(第一銀行)を設立したのを皮切りに、各地で番号を冠した銀行が設立されていった。ナンバー銀行はその後も増え続けたが、1879(明治12)年設立の第百五十三国立銀行で打ち止めとなった。ナンバー銀行は第百五十三銀行まで設立され、これらの多くが現存する銀行の源流になっている。

例えば、みずほ銀行は第一銀行にルーツを持つが、他にも数多くのナンバー銀行を吸収している。たとえば第五銀行は、浪速銀行(三十二銀行の後身)に併合された後、十五銀行、帝国銀行、第一銀行、第一勧業銀行と何度も併合を繰り返して、現在のみずほ銀行へ至っている。

また、第六銀行は肥後銀行と改称の後、1923(大正12)年に、二十二銀行・百三十銀行などとともに、第三銀行にルーツを持つ安田銀行へ合流した。その後、財閥解体を経て富士銀行に改称し、やはり現在はみずほ銀行の一部となっている。

中小銀行は併合・整理を余儀なくされる

こう見てくると、いわゆるメガバンクがいかに巨大で複雑な怪物か、改めて思い知らされるというものだ。さて、明治期に153行もあったナンバー銀行が激減する最初のきっかけになったのは、1923(大正12)年の関東大震災、そして1927(昭和2)年に起こった金融恐慌だ。これらの衝撃によって体力のない中小銀行は追い詰められ、多くは併合・整理を余儀なくされた。

さらに1936(昭和11)年からは、銀行間の競争を国策の妨げと考えた政府が「一県一行主義」を打ち出し、強制的に統合を進めていった。たとえば茨城県では、土浦市にあった五十銀行と、水戸市にあった常磐銀行(水戸六十二銀行の後身)を中心に合併が行われ、常陽銀行となった。終戦までに、県内の41もの銀行が同行に統合され、現在に続いている。