「所沢とかけて、”すてきな洋服”ととく。その心は?」

西武線所沢駅に直結する商業施設「グランエミオ所沢」が完成し、9月2日に開業式典が行われた。落語家の林家たい平さんがビデオメッセージでこんな謎かけを式典に寄せた。

「一度来(着)たら、また来(着)たくなる」

埼玉県秩父市出身の林家さんは子供の頃、父親に「東京に連れてってやる」と言われて、やってきた場所が所沢だったという。

所沢市の人口は34万人。東京まで行かなくてもたいがいのものは市内で買える。食事も映画も市内で楽しめる。早稲田大学がキャンパスを構える“学生の街”でもある。さらに10月には、隈研吾氏が建物を設計し、松岡正剛氏が館長を務める図書、博物、美術、アニメを融合した日本初の文化複合施設「角川武蔵野ミュージアム」がオープンし、文化面での充実度も増すことになる。

都市の機能として申し分ないだけでなく、緑も豊富だ。所沢駅の徒歩圏内には日本初の飛行場を再整備した広大な航空記念公園がある。足を延ばせば、「トトロの森」で知られる狭山丘陵がある。

所沢市民は街を「比較」してしまう?

所沢の開発に力を注ぐのが西武グループである。所沢駅前に西武鉄道の本社があるほか、リーグ3連覇を狙うプロ野球チーム、埼玉西武ライオンズは所沢がフランチャイズだ。市内には西武園ゆうえんちもあり、USJ再生の立役者である森岡毅氏をプロデューサーに迎え、昭和の町並みをコンセプトにリニューアル中。2021年春に完成すれば、話題を集めること間違いなしだ。所沢には実にたくさんのコンテンツがそろっている。

そこに新たな商業施設が加わった。開業式典で多くのお祝いメッセージが披露される中、式典に参加した所沢市の藤本正人市長のスピーチにちょっと気になる箇所があった。所沢市民、そして埼玉県民は地元にすばらしいコンテンツがたくさんあるにもかかわらず、街を東京と比較し、自然では東北や信州と比較してしまうのだという。