球界屈指の実力を持ちながら、なぜか勝ち星に恵まれないプロ野球投手・周米留斗(しゅう・べると)。

彼は、相棒の猛津亜流人(もうつ・あると)と「相手を抑えすぎるから味方も打たないのでは?」という仮説を立てる。

そして「わざと打たせて、ゲームを動かしてみる」という背信行為でもある実験を行うことになったのだった――。

すべては己の”勝ち星”のため……禁断のバッテリーを描くプロ野球劇空間物語。

『ハーラーダービー』(小学館)より抜粋してご紹介します。

不吉な日

©森高夕次・水上あきら/小学館