NTTドコモが携帯電話回線の拡大で成長したのとは対照的に、固定電話離れで売上高が減り続けたのがNTT東日本とNTT西日本だ。2001年に始まった「フレッツ光」に代表される光回線の販売も20年が経った今、もはや頭打ちだ。

一方でNTTグループの国内事業の売上高では東西が約4割を占めるなど、決して小さくない存在だ。既存事業での成長が見込めない中、東西両社はさまざまな新規事業に取り組む。飽和市場で反転攻勢をかけられるのか。NTT東日本の井上福造社長に話を聞いた。


――グループ全体で海外市場での成長戦略を描く中、NTT東日本の事業領域は国内中心で、電話や光回線ビジネスは頭打ちです。

国内事業の下支えがないと、海外では戦えない。売上高は減っているが、システム化を進めて退職者の人数分を補充せずにやってきた。よく節約して利益を出せていると思う。NTT東日本はNTT(グループ)の「長男」ですからね。(電話回線や光回線という)親の遺産をちゃんと大事に守って事業をやっている。

固定回線の音声(電話)収入が減るのは目に見えていたので、それを光回線の収入でカバーしてきたのがこの20年ほどだ。他社に光回線を売ってもらう(「ドコモ光」「auひかり」などの)光コラボモデルを広げ、販売コストを圧縮しつつ、携帯会社のセット割引で伸びてきた。

ただそれも飽和している。固定のブロードバンドは(モバイル回線とは異なり)データ量に比例して儲かるものではなく、完全に定額制になっている。収入は契約数でしか増えない。むしろ通信量が増えれば設備を増強する必要があり、コスト増になる。大きなジレンマだ。

「ローカル5G」にブルーオーシャン

――2020年度は3期ぶりに増収に転じる見込みです。

2020年度の増収は連結対象が1社増えたことが大きい。法人向けにWi-Fi環境の構築を手掛けるNTTブロードバンドプラットフォームという会社で、これは単に売上高を増やそうとしたのではなく、IoTの流れに備えて無線のソリューションを提供する能力が必要だったからだ。Wi-Fiだけでなく、「ローカル5G」も含めて手掛けていく。

DX(デジタルトランスフォーメーション)が進む中で、通信環境は不可欠な部品になる。固定も無線も必要だ。IoTを実現するには、お客さんの施設や敷地内に無線ネットワークを作る。これまではWi-FiやLPWA(低消費電力の長距離高速通信規格)を手がけていたが、ローカル5Gでは免許が与えられる専用の周波数帯がある。ここはブルーオーシャンだ。

著者:中川 雅博