間もなくドナルド・トランプ政権が幕を閉じる。同政権下の4年間は、ワシントンの伝統が破壊される毎日であった。そして、トランプ氏による破壊行為は退任後も続く見通しだ。近年の大統領は、任期を終えた後、その知名度や人脈を通じて慈善活動を始めるなど政界からおとなしく身を引き、後任の大統領の政権運用に意図的に介入するようなことは極力避けてきた。ところが、トランプ氏は異なるであろう。

直近のトランプ氏の言動からは、任期終了の1月20日正午までに同氏はホワイトハウスを去るものの、その後も2020年大統領選では不正があったと訴え続け、負けを認めない公算が大きい。連日、ツイッターでジョー・バイデン政権を「口撃」すると思われる。共和党もトランプ氏の影響を受け続ける。バイデン次期政権は正当性に欠けると信じるトランプ支持者が多くいることで、バイデン氏は滑り出しから厳しい政権運営となるに違いない。

ポピュリスト勢力が支持するトランピズム

トランプ氏は2大政党制が実質的に確立した南北戦争のころ以来、初の無党派大統領だと指摘されている。そもそもトランプ氏は過去に支持政党を5回も変えている。政界入りする前は、ビジネスマンであった同氏は両党に献金してきたが、1990年代から2000年代は共和党よりも民主党に多く献金した。対象の中には後に大統領選で対抗することとなった民主党のヒラリー・クリントン氏やバイデン氏も含まれていた。

2015年に大統領選への出馬を表明して以来、トランプ氏は党派を越えたさまざまなイデオロギーを持つ有権者から支持を集めてきた。共和党は従来、財政タカ派、外交タカ派、社会保守派などが中核を担っていた。しかし、トランプ政権下、財政タカ派や外交タカ派を中心とする勢力は影響力を失った。一方、これまで異端と位置付けられていた反エスタブリッシュメントやナショナリズムを掲げるポピュリストの勢力が共和党内で幅を利かせるようになった。

共和党にはポピュリストはつねに存在していた。党内のポピュリズムの動きには白人至上主義の要素もある。こうしたグループに対して、ジョン・マケイン、ミット・ロムニーといった直近の元共和党大統領候補は、自らの思想と一致しないとして、否定的な見方を示していた。だが、トランプ氏は「アメリカ第一主義」を掲げ、彼らに秋波を送った。